市場調査レポート(産業資料)の紹介ブログ

多様な市場調査レポート・産業資料をご紹介致します。

世界のスペシャリティスナック市場:製品別(スナックバー、ナッツ&シードスナック、その他)

スペシャリティスナック市場規模は2023年の819.4億米ドルから2028年には1120億米ドルに成長し、予測期間(2023年〜2028年)のCAGRは6.45%と予測される。

 

主要ハイライト

 

中期的には、消費者の行動パターンのパラダイムシフトに伴い、スナック菓子は本格的な食事に代わるものとして台頭してくると予想される。消費者が外出の多いライフスタイルに対応するため、おいしく、栄養価が高く、持続可能な食品をますます求めるようになり、スナック菓子の様相が変わりつつある。利便性と携帯性への要求が消費の増加に拍車をかけ、プレミアム化が新鮮で体によく、入手しやすいスナックの革新と多様性に拍車をかけているため、スナックの消費量は増加している。

健康的なライフスタイルへの関心の高まりから、現代の消費者はよりシンプルで健康的な製剤、フレーバー、食事形態を求めるようになっており、市場の成長に大きく寄与している。ナッツ類と種子類は、高タンパク質と高エネルギーの両方を供給することで健康的な評判を得ている。ナッツや種子をベースとしたスナックを提供するブランドの中には、製品ラインの原材料としてナッツや種子を組み込んで製品イノベーションに取り組むところも増えている。

消費者は、食物繊維、タンパク質、全粒粉を多く含むスナックなど、より健康的な素材を選ぶようになっている。消費者の需要に応えるため、メーカーはスナック菓子の脂肪低減に注力し、トランスフリーのスナック菓子まで提供している。

そのため、スナックバー、ビスケット、プロテインバー、エナジーバー、フルーツ系スナックなどの栄養食品にシフトする人口の割合が大幅に増加している。これは、ポテトチップスや押し出しスナックなどの香ばしいスナックの代替品となりうる便利な栄養食品への関心が高まっているためである。さらに、ビスケット、クッキー、クラッカー、ビスケット・ウェハースなどの焼き菓子にはかなりのカロリーがある。このため、消費者はフルーツ・スナック、グラノーラ・バー、エネルギー・バー、菓子などのヘルシーな代替製品にシフトしている。さらに、消費者は揚げ物や焼き物による健康への悪影響を目の当たりにしており、その結果、世界中の大人や子供の間で肥満や糖尿病が増加している。したがって、スペシャルティ・スナック市場は世界的に大きな可能性を秘めている。

 

市場動向

 

便利でヘルシーな間食への需要の高まり 世界的に、社会・経済パターンの変化、飲食料品への支出の増加、健康食品への認識、食事パターンや既存の食習慣の変化、新製品を味わいたいという欲求の高まりにより、簡便食品への需要が急速に伸びている。ナッツや種子のようなスナック菓子には多くの健康上の利点があるため、消費者に人気のあるヘルシーなスナック菓子となっている。

アーモンド、ヘーゼルナッツ、カシューナッツクルミ、ピスタチオなどの木の実類や、チアシード、亜麻仁などの種子類は、独特の組成を持つ栄養豊富な食品である。これらの食品は、神聖化志向の健康志向の消費者の毎日の食生活に欠かせないものとなっている。

さらに、外出先での間食というコンセプトは、ポップコーンや強化チップスのような香ばしいスナックが提供する、簡単な消費と結びついており、比較的扱いやすい。また、ポップコーン、ナッツやシード、押し出しスナックは、休憩時間や料理をする時間がないときに理想的な食べ物となるため、ジャンクフードを食べ過ぎて空腹になるのを防ぐのに役立つ。

ナッツや種子のスナックを定期的に食べると、心血管疾患や冠動脈性心疾患の発症リスクが低下する。アーモンドのような高タンパク質食品に対する消費者の需要は高く、栄養価の高い食品は、現在最も勢いのあるトレンドである体重管理のために急速に勢いを増している。加えて、ナッツは便利で持ち運びができ、用途が広い。高タンパクトレンドは、健康的なスナックの代表的な選択肢としてのナッツの地位を押し上げるだろう。

西ケープ州政府によると、南アフリカの肥満統計は、男性の約31%、女性の約68%が肥満であることから、懸念されている。太り過ぎや肥満は、糖尿病や心臓病など様々な生活習慣病を引き起こす可能性がある。これは大人でも子供でも大きな問題で、南アフリカの6~14歳の子供の13%以上が太りすぎまたは肥満と考えられている。そのため、消費者は、比較的油分が少なく健康的で、健康的な食生活を維持する上で同様に有益となりうるナッツ類や種子類、焼いたりローストしたりしたスナックを求めている。このため、各社は味に妥協することなく、オーツ麦、ドライフルーツ、ベリー類、トウモロコシなどの繊維質の原料を配合することで食事の質を向上させながら、栄養摂取量を増やし、エネルギーレベルを維持し、消費者に多くの健康的な選択肢を提供できる可能性のある製品を開発するようになった。

北米が市場を支配 健康志向の高まりとライフスタイルの変化は、米国の特殊スナック市場の成長に寄与する2つの要因であり、北米を特殊スナックの主要な消費市場の1つにしている。過去数年間で、米国ではスナック・シリアル・バーを利用する世帯数が50%増加し、噛み応えのあるグラノーラ・スナック・バーの需要が顕著に増加している。

米国の消費者は、食品の調理に使用される原材料の原産地や品質に関心を持っているため、健康志向の消費者の間でオーガニックスナックバーの人気が高まっている。同国でスナックバーを探している消費者の多くはミレニアル世代で、お粥ポット、シリアルバー、その他の朝食代替品など、特定の朝食オプションを習慣化している。この背景には、多忙なライフスタイル、意識の高まり、若い世代における肥満、糖尿病、動脈硬化脳卒中など、いくつかの生活習慣病の有病率の上昇がある。例えば、HRSA(NSCH)と肥満の現状が2022年に発表した報告書によると、2019~2020年の間に10~17歳の肥満の子供と青年の割合が最も多い州は、米国の他の州の中でもケンタッキー州であった。

そのため、この地域では、メーカー各社は、製品をオンラインで購入できるようにするなど、消費者にとってより便利なショッピングオプションを備えた健康的な製品のイノベーションに注力している。例えば、2021年9月、Mother Earth's Snackは、「より体に良い」スナックのプレミアムQ-9 SuperFoodラインを含むDirect-to-consumerヘルシー・スナック・ラインを立ち上げた。同社は米国に本社を置く企業である。同社は、Q-9スーパーフードの主成分は100%キヌアであるとしている。このスーパーフードには、体内で生成できないため食事で摂取しなければならない9種類の必須アミノ酸がすべて含まれている。この製品は、4種類のフレーバーがある。ほうれん草パルメザン、クラシック・ランチ、ゼスティ・チリ・ライム、ホワイト・チェダー。バニラヨーグルト入りホワイトチョコレートとダークイタリアンチョコレートは、同社のオーガニック認定商品であるクリスピースティクスのフィリングとして提供されている。さらに、マザーアースのQ-9スーパーフード・スナックは、オーガニック、グルテンフリー、コーシャー、非遺伝子組み換え、ベジタリアンの認定を受けており、幅広い食生活の悩みを満たしてくれるとしている。従って、オーガニックでクリーンラベルの特殊スナックは、この地域で重要な市場となっている。

特殊スナック産業の概要 世界のスペシャティースナック市場は競争が激しく、ケロッグネスレ、コナグラ・ブランズ、ペプシコゼネラル・ミルズなどが大きなシェアを占めている。小規模プレーヤーは、競争の激しい市場で頭角を現すため、技術革新や新製品の発売を進めている。大手企業は、市場のリーダーであり続けるために、地理的な範囲と製品ポートフォリオを拡大している。さらに、主要プレーヤーは、各製品で機能的な利点を提供しながら、革新的でエキゾチックな風味を消費者に提供することに幅広く注力している。このように、イノベーションを通じた持続可能な競争優位性が、市場の主要プレーヤーによる市場シェア獲得の主な戦略となっている。

 

 

【目次】

 

1 はじめに 1.1 試験の成果物と前提条件 1.2 調査範囲 2 調査方法 3 エグゼクティブ・サマリー 4 市場ダイナミクス 4.1 市場促進要因 4.2 市場抑制要因 4.3 ポーターのファイブフォース分析 4.3.1 新規参入者の脅威 4.3.2 買い手/消費者の交渉力 4.3.3 サプライヤーの交渉力 4.3.4 代替製品の脅威 4.3.5 競争ライバルの激しさ 5 市場区分 5.1 製品タイプ 5.1.1 スナックバー 5.1.2 ベーカリーベースのスナック菓子 5.1.3 ナッツ&シードスナック 5.1.4 ポップスナック 5.1.5 その他の製品タイプ 5.2 流通チャネル 5.2.1 スーパーマーケット/ハイパーマーケット 5.2.2 コンビニエンスストア/食料品店 5.2.3 オンライン小売店 5.2.4 その他の流通チャネル 5.3 地理 5.3.1 北米 5.3.1.1 米国 5.3.1.2 カナダ 5.3.1.3 メキシコ 5.3.1.4 その他の北米地域 5.3.2 欧州 5.3.2.1 スペイン 5.3.2.2 イギリス 5.3.2.3 ドイツ 5.3.2.4 フランス 5.3.2.5 イタリア 5.3.2.6 ロシア 5.3.2.7 その他のヨーロッパ 5.3.3 アジア太平洋 5.3.3.1 中国 5.3.3.2 日本 5.3.3.3 インド 5.3.3.4 オーストラリア 5.3.3.5 その他のアジア太平洋地域 5.3.4 南米 5.3.4.1 ブラジル 5.3.4.2 アルゼンチン 5.3.4.3 その他の南米地域 5.3.5 中東・アフリカ 5.3.5.1 南アフリカ 5.3.5.2 サウジアラビア 5.3.5.3 その他の中東・アフリカ地域 6 競争環境 6.1 最も採用されている戦略 6.2 市場シェア分析 6.3 企業プロフィール 6.3.1 クラフト・ハインツ・カンパニー 6.3.2 コナグラ・ブランズ社(スリムジム) 6.3.3 ゼネラル・ミルズ社(General Mills Inc. 6.3.4 ケロッグ・カンパニー 6.3.5 ペプシコPepsiCo Inc. 6.3.6 マース・インコーポレイテッド 6.3.7 ブルーダイヤモンド・グロワーズ 6.3.8 ネスレSA 6.3.9 モンデリーズ・インターナショナル 6.3.10 インタースナック・グループGmbH 7 市場機会と今後の動向 8 米国について

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】 https://www.globalresearch.jp/contact 資料コード: MOI18101319