市場調査レポート(産業資料)の紹介ブログ

多様な市場調査レポート・産業資料をご紹介致します。

世界のレドーム市場(~2028年):製品別、用途別、プラットフォーム別

 

レドーム市場は、2023年の29億米ドルから2028年には58億米ドルに成長し、2023年から2028年までの年平均成長率は15.1%になると予測されています。

レドーム市場のダイナミクス

促進要因 自律走行車におけるレーダー採用の増加 自律走行車技術の急増により、衝突回避、ナビゲーション、アダプティブクルーズコントロールなどの機能に不可欠なレーダーシステムの役割が注目されています。自律走行車は、リアルタイムの判断を下すために、途切れることのない信号の明瞭さに大きく依存しています。高度な材料で作られたレドームは、レーダーの電磁信号が雨、汚れ、破片などの環境要因によって妨げられないようにします。レドームは、レーダーシステムを物理的な損傷から守り、最適な信号伝搬を確保するという2つの役割を果たします。

通信アンテナやその他の監視装置と無人システムを統合することで、さまざまな重要任務を支援します。他の車載センサーと比較して、レーダーは車両にいくつかの重要なセンシングの利点をもたらします。レーダーはcmからmmの波長で作動するため、霧、雨、ほこりなどの悪天候に非常に強くなります。また、航続距離と速度の同時測定や、直射日光下での優れた性能も強みです。さらに、無人航空機は必要な人員が限られているため、人命が失われる危険性が低くなります。このような利点から、米国、インド、中国は、防衛軍により多くのUAVを調達・配備するために多額の予算を割り当てています。このように空中偵察や地図作成任務への配備が増加しているため、UAVプラットフォームの全体的な効率を妨げることなく効果的に統合できる小型のレドームが必要とされています。そのため、Northrop Grumman社、Saint Gobain社、General Dynamics Mission Systems社(米国)、BAE Systems社、Raytheon Technologies社など、レドーム市場の主要な業界企業は、UAVプラットフォーム用の軽量レーダーの開発と提供に注力しています。

制約: 航空機の安全運航を確保するための厳しい規制基準 航空機用レドームメーカーが直面する課題の1つは、航空機の安全運航を確保することを目的とした厳しい規制基準の存在です。航空業界は、飛行操作に伴う固有のリスクのため、世界的に広範な規制の対象となっています。航空機の安全レベルを監督する規制機関は国によって異なるため、メーカーは多数の二国間、国内、国際基準に準拠しなければなりません。国際民間航空機関(ICAO)は、航空機、部品、航空会社に対する世界的な安全規制を定めています。航空機の安全運航を確保し、欠陥部品に関連するリスクを軽減するためには、メーカーがこれらの基準を遵守することが極めて重要です。

さらに、レドームを含む航空機部品は、安全基準を満たし、潜在的な欠陥に関連するリスクを軽減するために、厳しい品質チェックと厳格な試験を受けています。航空機に組み込む前に、すべての航空機部品は1回限りの検査を受けなければなりません。例えば、米国連邦航空局(FAA)は耐空性指令(AD)を発行し、安全要件や設計許容レベルを満たさない航空機部品の交換を指示しています。そのため、航空機用レドームメーカーは、高品質の製品を提供するために、このような厳しい規制基準を常に満たし、遵守するという課題に直面しています。

機会: レドームの特性を改善するために開発された新しい複合材料 インド、中国、ロシアは、迎撃に課題をもたらす高度なミサイルの開発に成功しています。インドはロシアと共同で、ミサイル防衛シールドを効果的に貫通するよう設計された極超音速ミサイル「ブラモス」の開発に積極的に取り組んでいます。これらのミサイルは、従来のレドーム設計では不十分な性能を発揮するため、高い溶融温度と高い引張強度を持つ材料で作られたレドームを使用する必要があります。

進化する要求に応えるため、レドームの特性を向上させる複合材料がいくつか開発されています。例えば、レイセオン・テクノロジーズ社のレイセラム8、ローラル社のニトロキシセラム、ボーイング社のアエロナトロニック反応結合窒化ケイ素(RBSN)、GTE社、ノートン社、セラダイン社が共同開発したホットプレス窒化ケイ素(HPSN)などです。これらの複合材料は特性が改善され、用途が拡大し、レドーム開発者にとって有利な成長機会をもたらします。

同様に、レドーム開発において、従来の材料よりもガラス繊維複合材料を使用する傾向が高まっています。これらの成形可能な複合材料は、レドームやアンテナ基板の製造にコスト効率の高いソリューションを提供します。ガラス繊維複合材を利用することで、多様な設計の軽量レドームコンポーネントを比較的低コストで作成することができ、レドームの大量生産に貢献します。また、ガラス繊維の配合により複合材料の誘電率が向上するため、これらの複合材料を基板材料として採用した場合、アンテナの小型化が可能になります。

課題: レドームの損傷とメンテナンス。 レドームには、静電気放電による穴という形で損傷を受けることがよくあります。このような穴は、大きく目立ちやすいものから、検出が困難な小さなピンホールまで様々です。しかし、このような穴はその大きさにかかわらず、レドームにとって重大な脅威となります。レドームの壁に水分が浸透し、内部の層が分離したり「剥離」したりします。閉じ込められた水分が凍結すると状況は悪化し、より顕著な損傷を引き起こします。水分が著しく蓄積すると、レドームの放射パターンが変化し、送信信号と受信応答の両方が著しく弱まります。さらに、これらの開口部から入ってくる空気の力によってレドームの内層がさらに弱くなり、コア構造から保護層が分離してしまいます。

へこみや傷などの外的要因による損傷もあります。これらは、鳥や石などの物体との衝突や、レーダーアンテナの整備のためにレドームを取り外した際の整備作業中の誤った取り扱いによって生じることがよくあります。幸いなことに、この種の外部損傷は通常、目視検査で容易に特定できます。

2023年、レドーム本体材料のグラスファイバーセグメントがレドーム市場をリードすると推定されます。 レドーム市場は、レドーム本体と付属品に大別されます。レドーム本体はさらに材料と構造に細分化。2023年、このセグメントをリードするのはグラスファイバー素材。グラスファイバーレドーム本体市場は、軽量構造、高強度対重量比、耐久性、設計の柔軟性、多様な産業での用途などの組み合わせにより拡大しています。ガラス繊維技術の進歩は、レドーム構造におけるこの素材の魅力をさらに高めています。ガラス繊維は電磁波に対して透明であるため、基礎となるレーダーや通信システムによる信号の送受信への干渉を最小限に抑えることができます。この特性は、密閉された機器の機能を維持する上で極めて重要です。

用途別では、通信アンテナ分野が2023年のレドーム市場をリードすると推定。 用途別では、レドーム市場はRADAR、SONAR、通信アンテナ、その他に区分されます。通信アンテナ用レドームの需要が高いのは、信頼性が高く効率的な通信システムを確保する上で重要な役割を果たすことを強調するいくつかの重要な要因によるものです。レドームは、アンテナの露出面を耐候性エンクロージャで覆うために使用され、アンテナやその他の統合コンポーネントを過剰な量の氷、水、またはその他の環境粒子から保護します。レドームはまた、衛星と近隣のドローン/UAV、または最も一般的な衛星と地上端末の間など、衛星ネットワーク間を移動する秘密情報を解読または復号化するために、敵による信号の傍受を防ぐためにも使用されます。レドームは、数マイル離れた船舶と通信するために衛星を追跡するアンテナを保護するために使用されます。レドームは、他の敵がアンテナの追跡方向や動きを理解するのを防ぎます。通信技術における継続的な技術革新により、高度で信頼性の高いレドームが必要とされています。

プラットフォームに基づくと、地上セグメントが市場を支配し、2023年に最大のシェアを目撃すると予測されています。 プラットフォームに基づくと、レドーム市場は航空、地上、海軍、宇宙ロケットに区分されます。2023年は地上部門が市場を支配する模様。レドームはRF窓であり、アンテナシステムの支持構造であり、地上レーダーシステムの非常に重要な要素。軍事および商業衛星通信、情報収集、電波天文学、気象レーダー、2D監視レーダーなど、地上ベースのレドームの用途が拡大しているため、レドームの需要は高いと推定されます。 レドームは、外部からの風やその他の環境負荷を軽減することで、システムの運用コストも削減します。

周波数別では、Xバンドがこのセグメントを支配しており、2023年にはレドーム市場でより大きなシェアを占めると予測。 周波数別では、HF/VHF/UHFバンド、Lバンド、Sバンド、Cバンド、Xバンド、KUバンドKAバンド、マルチバンド。2023年にレドーム市場を支配するのはXバンドセグメント Xバンドレーダーとレドームに対する高い需要は、軍事、航空宇宙、通信、気象監視アプリケーションにおける重要な役割によって推進されています。現代の航空気象レーダーシステムは、主にXバンド技術を利用し、18ワットから10キロワットの出力レベルを放射します。航空機用のXバンド・レドームは、細心の注意を払って設計・製造されています。その物理的属性がわずかに変化するだけでも、気象レーダーシステムの性能に有害な影響を及ぼしかねません。Xバンドレーダー技術とレドーム保護の組み合わせにより、気象レーダーシステムは高解像度で正確かつ信頼性の高いデータを気象監視および予報に提供することができます。レドームの使用は、高感度レーダー機器の機能を維持し、環境条件がレーダー性能に与える影響を最小限に抑えるために不可欠です。

レドーム市場では2023年にアジア太平洋市場が最大のシェアを占めると予測 地域別に見ると、レドーム市場は北米、欧州、アジア太平洋、中東、その他の地域(RoW)に区分されます。2023年にはアジア太平洋地域が市場を支配する模様。アジア太平洋地域のレドーム市場は、レーダーシステム用保護エンクロージャの需要を促進する様々な要因が重なり、今後数年間で大きな成長が見込まれています。アジア太平洋地域の航空宇宙産業は、民間航空需要の高まりと、民間および軍事航空プログラムへの投資の増加により、急成長期を迎えています。このような航空宇宙産業の拡大が、航空機の高感度レーダーシステムを保護するレドームのニーズを後押ししています。複合材料は、高い強度対重量比、耐久性、さまざまな環境条件への耐性などの優れた特性により、レドームの製造において人気を集めています。このような複合材料へのシフトは、レドームの需要をさらに押し上げています。

主要市場プレイヤー

レドーム企業は、ゼネラル・ダイナミクス・ミッション・コーポレーション(米国)、サン・ゴバン(英国)、レイセオン・テクノロジーズ・コーポレーション(米国)、イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(イスラエル)、ノースロップ・グラマン・コーポレーション(米国)など、ここ数年でレドーム契約を獲得した主要メーカーなど、世界的に確立された数社によって支配されています。世界中の国土安全保障や防衛ユーザーの要求が変化しているため、契約や新製品開発に主眼が置かれています。

この調査では、レドーム市場を提供、プラットフォーム、用途、周波数、地域に基づいて分類しています。

セグメント

サブセグメント

製品別

レドーム本体

材質 ガラス繊維 石英 その他 構造 サンドイッチ ソリッドラミネート 誘電スペースフレーム 金属スペースフレーム アクセサリー 用途別

レーダー ソナー 通信アンテナ その他 プラットフォーム別

航空機 民間航空機 ナローボディ航空機(NBA) 新型中型機 地域輸送機(RTA) 軍用機 戦闘機 輸送機 練習機 偵察機 特殊任務機 ビジネスジェット機 ヘリコプター 無人航空機(UAV) アーバンエアモビリティ(UAM) エアロスタット 地上 テレコムタワー 航空管制(ATC) コマンドセンター 地上車両 指揮統制車 自走砲車両 無人搬送車 商用車 海軍 商業船舶 軍用車両 UMV 宇宙ロケット 周波数別

HF/UHF/VHFバンド Lバンド Sバンド Cバンド Xバンド KUバンド KAバンド マルチバンド 地域別

北米 ヨーロッパ アジア太平洋 中東 その他の地域

2023年1月、メリーランド州アバディーン・プルーヴィング・グラウンドの米陸軍契約司令部は、ゼネラル・ダイナミクス・コーポレーションの事業部門であるミッション・システムズに対し、戦術ネットワーク・オン・ザ・ムーブ・システムおよび機器のサポート・サービスを提供する7,490万米ドルの契約を発注しました。 2023年4月、サン・ゴバン社は、米国の航空物流センターからHC-144航空機をサポートするレドーム、ノーズの修理契約を受注しました。 2021年3月、レイセオン・インテリジェンス&スペース社は、麻薬テロ作戦に対抗するための5年契約で、米国政府の移設可能なオーバー・ザ・ホライズン・レーダー(ROTHR)とレドーム・システムの運用・保守を受注しました。 2020年11月、パーカー・メギットはBAEシステムズと、タイフーンに搭載される先駆的な多機能アレイ・レーダー・システムの効果的な運用を可能にする革新的な機首レドーム技術の供給に関して、420万ポンド(560万米ドル)の契約を獲得しました。

 

【目次】

 

1 はじめに (ページ - 32) 1.1 調査目的 1.2 市場の定義 1.3 調査範囲 1.3.1 市場セグメンテーション 1.3.2 地域範囲 1.4 考慮した年 1.5 含有物と除外物 表1 レドーム市場に含まれるものと除外項目 1.6 為替と価格 表2 米ドル為替レート 1.7 利害関係者 1.8 変更の概要 1.9 景気後退影響分析(RIA)

2 調査方法 (ページ - 38) 2.1 調査データ 図 1 調査プロセスの流れ 図 2 調査デザイン 2.1.1 二次データ 2.1.1.1 二次資料からの主要データ 2.1.2 一次データ 2.1.2.1 一次資料からの主要データ 2.1.2.2 一次インタビューの内訳 図3 一次インタビューの内訳:企業タイプ別、呼称別、地域別 2.1.2.3 一次インタビューの詳細 2.1.2.4 主要な業界インサイト 2.2 要因分析 2.2.1 導入 2.2.2 需要側指標 2.2.2.1 世界的な紛争・紛争の増加 2.2.2.2 UAVとUAMの需要増加 2.2.3 供給側指標 2.3 市場規模の推定 2.3.1 ボトムアップアプローチ 表3 市場規模の推定 図4 市場規模推定手法:ボトムアップアプローチ 2.3.2 トップダウンアプローチ 図5 市場規模推定手法:トップダウンアプローチ 2.4 データ三角測量 図6 データ三角測量 2.5 調査の前提 2.6 調査の限界 2.7 リスク分析

3 エグゼクティブサマリー(ページ数 - 49) 図 7 2023 年から 2028 年にかけて最も高い CAGR で成長する航空プラットフォーム 図8 マルチバンド周波数セグメントが予測期間中に最も高いCAGRで成長 図 9 北米が予測期間中に最も高い CAGR を記録

4 プレミアムインサイト (ページ - 52) 4.1 レドーム市場におけるプレーヤーにとっての魅力的な機会 図 10 レドームの材料と製造における技術進歩が市場を牽引 4.2 レドーム市場(周波数別 図 11:X バンド周波数が予測期間中に最大の市場シェアを獲得 4.3 レドーム市場:プラットフォーム別 図12:予測期間中、宇宙ロケット分野が最大の市場シェアを占める 4.4 レドーム市場:地域別 図 13:予測期間中、アジア太平洋地域が最大の市場シェアを占める見込み

5 市場概観(ページ - 54) 5.1 はじめに 5.2 市場ダイナミクス 図 14 レドーム市場:促進要因、阻害要因、機会、課題 5.2.1 推進要因 5.2.1.1 レドーム構造用複合材料技術の進化 5.2.1.2 自律走行車へのレーダー採用の増加 5.2.1.3 次世代航空機向けの技術的に高度な炭素繊維レドームシステムの需要 5.2.2 制約 5.2.2.1 高い研究開発費と生産コスト 5.2.2.2 航空機の安全運航を確保するための厳しい規制基準 5.2.2.3 長い承認期間 5.2.2.4 気象レーダー・レドームのメンテナンス 5.2.3 機会 5.2.3.1 レドームの特性を改善するために開発された新しい複合材料 5.2.3.2 民間航空の成長 5.2.4 課題 5.2.4.1 レドームの損傷とメンテナンス 5.2.4.2 有害なPFASの使用 5.3 顧客ビジネスに影響を与える傾向と混乱 図15 レドーム市場における収益シフトと新たな収益ポケット 5.4 景気後退の影響分析 図16 レドーム市場:景気後退の影響分析 5.5 貿易データ分析 5.5.1 国別輸入量、2019年~2022年(千米ドル) 図17 貿易データ分析:国別輸入、2019年~2022年(千米ドル) 表4 国別輸入、2019-2022年(千米ドル) 5.5.2 国別輸出、2019-2022年(千米ドル) 図18 貿易データ分析:国別輸出、2019-2022年(千米ドル) 表5 国別輸出、2019-2022年(千米ドル) 5.6 平均販売価格分析 5.6.1 レドームの平均販売価格(用途別 図19 レドームの平均販売価格(用途・プラットフォーム別)(百万米ドル 表6 レドームのアプリケーション別平均販売価格(百万米ドル) 5.6.2 レドームの平均販売価格(レドームサイズ別 表7 レドームのサイズ別平均販売価格(百万米ドル) 5.6.3 地域別指標価格分析 表8 北米におけるレドームの平均販売価格(百万米ドル) 表9 欧州におけるレドームの平均販売価格(百万米ドル) 5.7 エコシステム分析 5.7.1 著名なレドーム原料サプライヤー 5.7.2 著名なレドーム製造業者 5.7.3 民間・中小企業(レドームメーカー) 5.7.4 エンドユーザーと用途 図 20 レドーム市場:エコシステム分析 表 10 レドーム市場:エコシステムにおける企業の役割 図 21 レドーム市場地図 5.8 バリューチェーン分析 図 22 レドーム市場:バリューチェーン分析 5.9 ユースケース分析 5.9.1 使用例1:航空宇宙用途の石英ファイバー製レドームと基板 5.9.2 使用例2:ステルスレドーム 5.9.3 使用例3:レドーム用ポリウレタンフォーム 5.10 ポーターの5つの力分析 表 11 レドーム市場:ポーターの 5 つの力の影響 図 23 レドーム市場:ポーターの 5 つの力分析 5.10.1 新規参入の脅威 5.10.2 代替品の脅威 5.10.3 供給者の交渉力 5.10.4 買い手の交渉力 5.10.5 競合の激しさ 5.11 主要ステークホルダーと購買基準 5.11.1 購入プロセスにおける主要ステークホルダー 図24 レドームの購買プロセスにおける関係者の影響力 表12 レドームの購入プロセスにおける関係者の影響(プラットフォーム別) 5.11.2 購入基準 図 25 レドームの主要な購入基準(プラットフォーム別 表 13 レドームの主な購入基準(プラットフォーム別 5.12 規制の状況 表 14 北米:規制機関、政府機関、その他の機関 表15 欧州:規制機関、政府機関、その他の機関 表 16 アジア太平洋地域:規制機関、政府機関、その他の機関 表17 中東:規制機関、政府機関、その他の機関 表18 その他の地域:規制機関、政府機関、その他の機関 5.13 主要会議・イベント 表 19 レドーム市場:主要会議・イベント(2023~2024 年

6 業界動向(ページ番号 - 82) 6.1 導入 6.2 レドーム市場の主要技術動向 6.2.1 真空アシスト樹脂転写法(vartm) 6.2.2 航空宇宙用レドームにおける石英繊維 6.2.3 電磁設計 6.2.4 マルチバンドレドーム 6.2.5 ステルス・レドーム 6.3 メガトレンドの影響 6.3.1 三次元(3D)プリンティング 6.3.2 偏波レーダー測定 6.3.3 世界経済力のシフト 6.4 サプライチェーン分析 6.4.1 原材料サプライヤー 6.4.2 レドームメーカー 6.4.3 インテグレーター 6.4.4 エンドユーザー/顧客 図 26 レドーム市場:サプライチェーン分析 6.5 技術革新と特許登録 図 27 レドーム市場:主要特許一覧 表 20 レドーム市場:主要特許 図 28 レドームの進化:1970 年代から現在までのロードマップ

...

 

【本レポートのお問い合わせ先】 https://www.marketreport.jp/contact レポートコード: AS 6303