市場調査レポート(産業資料)の紹介ブログ

多様な市場調査レポート・産業資料をご紹介致します。

RFID(無線自動認識)技術の世界市場は2023年から2030年にかけて年平均成長率15.1%を記録する見通し

 

市場概要

 

RFID(無線自動認識)技術の世界市場規模は2022年に157億6,980万米ドルと推定され、2023年から2030年にかけて年平均成長率(CAGR)15.1%で成長すると予測されています。同市場は、資産追跡、在庫管理、リソースの最適化、セキュリティと安全性の資産監視に対する需要の高まりにより、予測期間中に着実な成長が見込まれます。さらに、リアルタイムロケーションシステム(RTLS)、センサーネットワーク、5G、モノのインターネット(IoT)の普及により、RFIDバイスはコネクテッドワールドで重要性を増しています。RFIDバイスは、これらの技術を活用する上でますます重要になると予想され、市場の需要拡大に貢献しています。

市場で展開されているRFIDシステムは、タグ、リーダー、ミドルウェアの3つの主要コンポーネントで構成されています。RFIDタグは市場の最大部分を形成しており、主要な開発活動の対象となっています。パッシブタグが業界最大規模である一方、アクティブタグも近年数多くの新しいアプリケーションが登場しており、また、タグの小型化も進んでいるため、勢いを増しています。また、RFIDタグが提供するメリットとして、直接視線を合わせることなく対象物を識別できること、離れた場所から対象物をスキャンできること、リアルタイムでデータを更新できること、タグの読み取り時間が100ミリ秒以下であることなどが挙げられます。

RFID技術の採用を後押ししている重要なトレンドは、自動化、サプライチェーン管理、リアルタイムインテリジェンス、資産追跡と支払い、NFCです。また、防衛、畜産、データセンターなど様々な産業製品の追跡にRFIDタグを使用することを政府が義務付けていることも、業界発展の不可欠な要因となっています。さらに、UHF技術の技術的進歩、RFIDと他の通信技術との融合、セミパッシブタグや印刷タグの成長は、今後数年間の市場成長を促進すると予想されています。

業界の成長に伴い、業界製品や周波数帯域の標準化に向けた取り組みが活発化しています。EPCglobal(Electronics Product Code Global Incorporated)、ISO(International Organization for Standardization)、IEC(International Electrotechnical Commission)などの団体が市場の標準化の最前線にいます。製品のライセンス供与、知的財産権、技術革新、整備されたサプライチェーンは、予測期間中に組織の将来を形成すると予想される主要な要因であり、それによって市場の正規化が促進され、成長が促進されます。市場は近年大きく成長していますが、製品の採用や市場の拡大を制限する制約もあります。

主な制約の1つは、RFID技術を導入するための初期コストが高いことで、これにはタグ、リーダー、ソフトウェアシステムのコストが含まれます。これは、特に中小企業にとっては大きな障壁となります。加えて、データのプライバシーやセキュリティに対する懸念は、特にヘルスケアや金融のような機密性の高い業界では、RFID技術の普及にとって依然として困難です。しかし、急速な技術進歩によりRFID技術はより洗練されたものとなっており、このような課題が解消されることで、市場の成長が促進されるものと期待されています。

パンデミックは市場に様々な影響を与えました。世界的な操業停止と遠隔作業により、製造施設にRFID技術を導入する上で大きな課題が生じました。さらに、全体的な景気後退により、技術の研究開発への投資が減少しました。しかし、パンデミックは様々なアプリケーション、特に物資や機器をリアルタイムで追跡する必要があるヘルスケアやロジスティクスにおいて、この技術の採用を加速させました。パンデミックはまた、非接触型決済オプションの需要を増大させ、RFID対応決済システムの採用を後押ししました。パンデミックがもたらした課題にもかかわらず、市場は回復力を示しており、この技術の継続的な採用がパンデミック後の市場成長を促進すると予想されます。

2022年にはタグ分野が市場を席巻し、全体の収益の37.0%以上を占めました。RFIDタグは、電波を介して無線でデータを保存・送信するために使用され、RFIDリーダーによる遠隔地での読み取りと識別を可能にします。RFIDタグの標準的な用途としては、在庫管理、資産追跡、機器追跡、車両追跡、セキュリティにおけるアクセス制御、非接触決済、顧客サービスの強化などが挙げられます。これらの利点は、このセグメントのシェア拡大に大きく貢献しています。また、技術の進歩により、RFIDタグは日々小型化され、多くのアプリケーションへの取り付けや装着が容易になっており、コストも削減されているため、同セグメントの成長には好材料となっています。

ミドルウェア分野は予測期間中に大きな成長が見込まれます。ミドルウェアRFID技術は、RFIDハードウェアと企業レベルのソフトウェアシステムを橋渡しするソフトウェア製品タイプ。ミドルウェアは、生のRFIDデータをフィルタリングし、集約し、より使いやすい形式に変換することができ、ERPWMSCRMなどの他のビジネスシステムと統合することができます。このセグメントの成長は、多くのアプリケーション産業における実用的なインテリジェンスに対する需要に起因しています。さらに、ミドルウェアは、スマート工場、IoT、スマートウェアラブルにおいて重要な役割を果たすと予測されており、予測期間中、このセグメントの成長を促進すると期待されています。

パッシブRFIDシステム分野は、2022年の市場を支配し、全体の収益の82.0%以上のシェアを占めています。これらのシステムは、電源を必要としないRFIDタグで構成され、その代わりにRFIDリーダーによって放射されるエネルギーに依存して情報を活性化し送信します。パッシブRFID技術の採用は、その費用対効果、小型フォームファクター、既存プロセスへの統合の容易さにより増加しています。主要企業は、拡大する需要に対応するため、パッシブRFIDシステムのポートフォリオを強化する戦略的イニシアチブをとっています。例えば、HID Globalは2022年5月、高性能パッシブRFIDタグポートフォリオを強化するため、Vizinex RFIDの買収を発表しました。この買収により、HID Globalの業界での地位は強化され、主要な垂直市場での存在感を高めることが可能になりました。

このような取り組みが、予測期間中の同分野の成長を促進すると予想されます。アクティブRFIDシステム分野も予測期間中に大きな成長を遂げるでしょう。アクティブRFIDシステムは、リーダー、アクティブタグ、アンテナから構成されます。アクティブタグには独自の電源があり、通常は長寿命のバッテリーが内蔵されているため、継続的かつ途切れることなくデータを送信することができます。アクティブRFID技術の採用は、より長い読み取り範囲、厳しい環境下での堅牢な性能、リアルタイムの位置追跡などの高度な機能により増加しています。さらに、アクティブRFIDは、正確で信頼性の高いデータを提供し、セキュリティを強化し、リアルタイムの在庫管理、状態監視、予知保全など、より高度なアプリケーションを可能にします。

2022年の市場では、高周波セグメントが市場を支配し、全体の収益の49.0%以上のシェアを占めています。高周波RFID技術(HF RFID)は、13.56MHz~27.5MHzの周波数で動作し、入退室管理、非接触決済、在庫管理などの用途で一般的に使用されています。近年、特に小売業界やヘルスケア業界において、高周波RFID技術を採用する傾向が高まっています。高周波RFID分野は、IoT導入の増加や効率的で安全なデータ交換の必要性により、予測期間中に大きな成長が見込まれています。

超高周波セグメントは、予測期間中に最も速い成長が見込まれます。この成長は、在庫管理、製薬アプリケーション、ワイヤレスデバイス構成における需要の高まりによるものです。超高周波RFIDは、量的には高周波タグを追い越しましたが、高周波タグのコストが高いため、ベンダーにとっては依然として大きな収益源となっています。超高周波RFIDバイスは、サプライチェーン管理、資産追跡、ヘルスケア機器追跡・モニタリング、家畜モニタリング、セキュリティ・アクセス制御など、さまざまな用途に利用されているため、同分野の成長をさらに後押ししています。

2022年には小売業界が市場を支配し、27.0%以上の収益シェアを占めました。小売業界は、在庫追跡・管理、小売商品タグ付け、サプライチェーン、入退室管理など、複数のアプリケーションを通じてRFID技術のメリットを享受しています。このような利点により、小売市場の重要なプレーヤーはRFID技術の採用を進めています。例えば、2022年初頭、大手小売企業のウォルマートは、RFID義務化プログラムの拡大を発表しました。このプログラムは、2022年9月までにスポーツ用品、家庭用品、電化製品、玩具にRFIDタグを付けることをサプライヤーに義務付けるもので、さらに多くのカテゴリーに拡大する予定です。このイニシアチブは、ウォルマートが店舗内の在庫をより管理できるようにし、最終的にはより良い顧客体験を提供することを目的としています。

このような取り組みが、小売セグメントの市場成長を促進しています。予測期間中に最も急成長が見込まれるのは産業分野。RFID技術は、産業プロセスの自動化と合理化に大きな可能性を秘めています。RFIDはリアルタイムのデータを可能にし、意思決定を改善し、効率を高め、人的ミスを減らします。対象物や資産をワイヤレスで識別・追跡することは、業務効率、在庫管理、サプライチェーンの可視性を向上させる上で非常に貴重です。サイブラ・コーポレーションは、RFID技術をサプライチェーンに導入した流通業者や製造業者において、出荷/ピッキングの精度が80%向上したことを確認しています。このように、RFID技術の大きな利点は、製造、物流、倉庫管理、資産配分など、さまざまな産業用途での採用を促進しています。

2022年の世界市場は、北米が36.0%以上の収益シェアで独占。同地域では、産業が成熟し、COVID-19が非接触ソリューションの必要性を押し上げるにつれて、RFID技術の採用が増加すると予測されています。北米の小売セクターは、RFID技術に対する大きな需要を目の当たりにしています。LPM(Loss Prevention Magazine)誌が発表した記事によると、北米の調査対象小売業者の93%以上が、RFID技術を様々な展開段階で使用していると報告しています。このように、小売業におけるRFIDタグの大規模な使用は、この地域市場の成長に貢献しています。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最も速いCAGRを記録すると予測されています。中国やインドを含む新興国からの有利な政府指令が市場の成長を促進すると予測されています。例えば、2021年2月、インド政府は、国道料金所での電子料金徴収のために、「FASTag」として知られるRFIDベースのタグをすべての車両に使用することを義務付けました。さらに政府は、35万台以上の鉄道貨車にRFIDタグを付け、簡単に追跡できるようにすると発表しました。こうした取り組みは、同国の需要と地域市場の成長に貢献しています。さらに、この地域には多くのメーカーやOEMが存在することも、市場の成長を支えています。

 

主要企業・市場シェア

 

同市場は、少数のプレーヤーが圧倒的なシェアを持つ統合市場。小売、医療、運輸、物流など、さまざまな業界で技術導入が進んでいるため、業界は急成長しています。主要プレーヤーは、センサー、メモリ増設、クラウドベースの新機能を統合し、製品提供を強化することに注力しています。さらに、これらの技術的進歩を統合するために多額の投資を行っており、これが市場の革新と成長を促進すると予測されています。また、多くの企業が市場での地位を強化するために、M&A、戦略的提携、地域拡大、製品投入に取り組んでいます。

例えば、2023年1月、MishiPay Ltd.は新しいRFIDセルフチェックアウト・キオスクの発売を発表しました。このキオスクはRFIDセンサーを利用しており、顧客は各商品のバーコードをスキャンすることなく、商品をスキャンして代金を送金することができます。購入が完了すると、RFIDセキュリティ・タグは自動的に無効化され、顧客は店を出ることができます。これにより、会計プロセスがより迅速かつ効率的になります。こうした取り組みが市場の成長を支えています。世界の無線周波数識別技術市場における著名なプレーヤーには、以下のようなものがあります:

ハネウェル・インターナショナル

ゼブラテクノロジー

エイブリー・デニソン・コーポレーション

ネダップ

Impinj, Inc.

NXPセミコンダクターズ

ユニテックエレクトロニクス株式会社

HID Global Corp.

インベンゴ・インフォメーション・テクノロジ株式会社

Datalogic SpA

本レポートでは、世界、地域、国レベルでの収益成長を予測し、2017年から2030年までの各サブセグメントにおける最新動向の分析を提供しています。この調査レポートは、世界の無線周波数識別技術市場をコンポーネント、システム、周波数、用途、地域別に分類しています:

コンポーネントの展望(売上高、百万米ドル、2017年~2030年)

タグ

アンテナ

リーダー

ミドルウェア

システムの展望(収益、百万米ドル、2017年~2030年)

アクティブRFIDシステム

パッシブRFIDシステム

周波数の展望(収益、百万米ドル、2017年~2030年)

低周波(LF)RFID

高周波(HF)RFID

超高周波(UHF)RFID

アプリケーションの展望(収益、百万米ドル、2017年~2030年)

小売

金融サービス

ヘルスケア

産業

政府機関

運輸・物流

その他

地域別展望(売上高、百万米ドル、2017年~2030年)

北米

米国

カナダ

欧州

英国

Germany

France

Asia Pacific

China

India

日本

韓国

オーストラリア

ラテンアメリカ

ブラジル

メキシコ

中東・アフリカ

サウジアラビア王国(KSA)

アラブ首長国連邦

南アフリカ

 

【目次】

 

第1章. 方法論とスコープ 1.1. 市場セグメンテーションとスコープ 1.2. 市場の定義 1.3. 情報調達 1.4. 情報分析 1.4.1. 市場形成とデータの可視化 1.4.2. データの検証・公開 1.5. 調査範囲と前提条件 1.6. データソース一覧 第2章. エグゼクティブ・サマリー 2.1. 市場の展望 2.2. セグメント別の展望 2.3. 競争環境スナップショット 第3章. 市場変数、トレンド、スコープ 3.1. 市場系統の展望 3.2. 産業バリューチェーン分析 3.2.1. 原材料の展望 3.2.2. 製造・技術動向 3.3. 市場ダイナミクス 3.3.1. 市場促進要因の影響分析 3.3.1.1. 在庫管理アプリケーションにおける需要の増加 3.3.1.2. 自動化の進展 3.3.1.3. 技術の進歩によるコストの減少 3.3.2. 市場阻害要因分析 3.3.2.1. 展開の複雑さ 3.3.3. 市場機会インパクト分析 3.3.3.1. 政府の有利な取り組み 3.4. COVID-19パンデミックの影響 3.5. 業界分析ツール 3.5.1. ポーター分析 3.5.2. PESTEL分析 第4章. 無線周波数識別技術市場 コンポーネントの推定とトレンド分析 4.1. コンポーネントの動向分析と市場シェア、2022年および2030年 4.2. 無線周波数識別技術市場の予測・推移:コンポーネント別 4.2.1. タグ 4.2.2. アンテナ 4.2.3. リーダー 4.2.4. ミドルウェア 第5章. 無線周波数識別技術市場: システムの推定と動向分析 5.1. システムの動向分析と市場シェア、2022年と2030年 5.2. 無線周波数識別技術市場の推定と予測:システム別 5.2.1. アクティブRFIDシステム 5.2.2. パッシブRFIDシステム 第6章. 無線周波数識別技術市場 周波数の推定と動向分析 6.1. 周波数動向分析と市場シェア、2022年と2030年 6.2. 無線周波数識別技術市場の推定と予測:周波数別 6.2.1. 低周波(LF)RFID 6.2.2. 高周波(HF)RFID 6.2.3. 超高周波(UHF)RFID 第7章. 無線周波数識別技術市場 アプリケーションの推定と動向分析 7.1. アプリケーション動向分析と市場シェア、2022年・2030年 7.2. 無線周波数識別技術市場の推定と予測:用途別 7.2.1. 小売 7.2.2. 金融サービス 7.2.3. ヘルスケア 7.2.4. 工業 7.2.5. 政府機関 7.2.6. 運輸・物流 7.2.7. その他

 

...

 

【本レポートのお問い合わせ先】 https://www.marketreport.jp/contact レポートコード: