市場調査レポート(産業資料)の紹介ブログ

多様な市場調査レポート・産業資料をご紹介致します。

体外式ペースメーカーの世界市場規模は2030年までにCAGR 3.4%で成長すると予測

 

市場概要

体外式ペースメーカーの世界市場規模は2022年に16億7000万米ドルと推定され、2023年から2030年にかけて年平均成長率(CAGR)3.4%で成長すると予測されている。心血管疾患(CVDs)の有病率の増加、心疾患管理コストの増加、有利な政府のイニシアチブと政策、新しく強化された技術製品の導入がこの市場の成長促進要因である。不整脈や心房細動などのCVDの負担増は、市場成長の重要な要因の1つである。世界保健機関(WHO)によると、CVDは世界的な死亡の主因であり、年間推定1790万人の命を奪っている。

心血管疾患は、主に座りがちなライフスタイル、血圧上昇、ストレス、糖尿病などのさまざまな危険因子によって推進され、世界的に顕著な公衆衛生問題となっている。例えば、米国心臓協会によると、ペースメーカーを使用している人は世界で約300万人おり、毎年60万個のペースメーカーが埋め込まれている。CVDに関連した死亡の急増は、効果的な予防、診断、治療手段の緊急の必要性を強調している。

世界的な高齢者人口の増加とペースメーカーの技術進歩は、市場の成長に大きな影響を与えると予測される主な要因である。特に65歳以上の高齢者はCVDなどの慢性疾患にかかりやすく、適切な心拍数を維持するために体外式ペースメーカーの装着が必要になることが多い。2022年11月、「高齢者人口統計」という記事が掲載された: A Portrait of Aging Americans "によると、米国では約5410万人(16.3%)が65歳以上の高齢者である。このように、高齢者人口の増加は、体外式ペースメーカーの需要増加に寄与している。

さらに、研究開発機関やさまざまな企業が新製品を開発することも市場の成長を後押ししている。例えば、2021年6月、ジョージ・ワシントン大学ノースウェスタン大学(GW)の研究者が、不要になった後に消滅することができる史上初の一過性ペースメーカーを開発した。製品の質を高めるための政府や民間組織による投資の高まりが、体外式ペースメーカーの需要を高めている。

COVID-19の大流行は、体外式ペースメーカー市場を含むすべての産業に影響を与えている。CVD処置のキャンセルや延期により、市場プレーヤーはペースメーカー分野で莫大な損失を経験している。例えば、2020年7月、National Center for Biotechnology Informationによると、COVID-19の間、ペースメーカーデバイスの移植において約73%の減少が観察された。

パートナーシップや戦略的提携により、市場参入企業は新たな地域へ参入し、未開拓の市場セグメントへ参入することができる。協力的な努力と継続的な技術革新を通じて、これらの企業は最先端技術の普及を推進し、外部ペースメーカー産業を強化する。例えば、2021年1月、ボストン・サイエンティフィック社はプリベンティス・ソリューションズ社の買収を発表した。この買収により、ボストン・サイエンティフィック・コーポレーションは、植込み型心臓モニター市場のような高成長の外来心電図分野での足掛かりを得た。

製品はデュアルチャンバーとシングルチャンバーに区分される。デュアルチャンバーセグメントは2022年に59.32%の最大市場シェアを占めた。心房細動や不整脈を治療するためのこのようなデバイスに対する需要の高まりが、市場成長の原動力となっている。CDCの統計によると、米国では年間454,000人以上が心房細動で入院している。同様に、米国では2030年までに1,210万人が心房細動に罹患すると予測されている。このように、CVDの有病率の上昇が市場の成長を牽引している。

予測期間中、CAGRが最も速く成長すると予測されているのは、シングルチャンバーセグメントである。シングルチャンバー型ペースメーカーは非侵襲的であり、術後の合併症のリスクも少ない。さらに、これらのデバイスは患者にとって日々の心臓活動を記録・追跡するのに有益である。さらに、これらの体外式ペースメーカーは、心臓のリズムを同期させるために最も早く利用可能なデバイスであり、これがセグメントの成長を促進すると予想されている。また、Pacetronix社、Oscor Inc.社、Medtronic社など、単室型外付けペースメーカーを扱う主要市場プレイヤーの存在も、同分野の成長にプラスの影響を与えると予測されている。

用途別では、徐脈部門が85.83%で最大の市場シェアを占めており、CAGRが最も速く成長すると予測されている。座りがちなライフスタイル、喫煙、過度のアルコール摂取などの要因は、心臓不整脈(頻脈、徐脈)の蔓延に寄与している。重症COVID-19患者における徐脈と心拍変動は集中治療室在室期間の延長と関連している」と題された報告によると、チェンマイ大学病院では2021年4月から6月の間にICUに入院した患者の72.1%に徐脈がみられた。このように、心臓不整脈の有病率の増加は、予測期間中、技術的に先進的な体外式ペースメーカーの需要を煽っている。

急性心筋梗塞分野は、予測期間中に有望な成長を見せると予想される。運動不足、不健康な食事、肥満、生活習慣の乱れにより、急性心筋梗塞の有病率は日々増加している。このような利点が採用の増加を促し、市場の成長に寄与している。米国心臓協会によると、米国では約40秒に1人の割合で心筋梗塞を発症している。心臓発作の罹患率の増加は、市場成長の増加につながった。

市場は最終用途に基づいて病院、外来手術センター、その他に区分され、2022年には病院セグメントが73.93%の最大市場シェアを占めた。高齢者人口の増加とCVD有病率の増加が市場を牽引している。この需要の急増は、体外式ペースメーカー分野の拡大を促進する主要な原動力になると予想される。米国心臓協会によると、2022年の世界のCVD関連死亡者数は1,910万人と推定されている。年齢調整死亡率は10万人当たり239.8人、年齢調整有病率は10万人当たり7354.1人であった。

CVDを診断・治療するための専門医療には病院が不可欠であるが、外来手術センターは治療が容易であり、特に農村部での利用が多いことから、予測期間中に大きな成長が見込まれる。さらに、手術費用や術後費用を削減する必要性やCVDの罹患率の上昇が、このセグメントの成長にプラスの影響を与えると予測されている。

北米は、心臓疾患の有病率の増加、高齢者人口の増加、同地域における業界プレイヤーの強力なプレゼンス、医療インフラの整備など、いくつかの要因により、2022年には41%の最大市場シェアを占めた。また、一般市民や医療関係者の間で、利用可能な技術に対する認識が高まっている。CDCによると、2021年には米国で約695,000人が心臓病で死亡した(死亡者5人に1人)。また、心臓関連疾患の増加や技術の進歩が同地域の市場を牽引している。

アジア太平洋地域は、座りがちなライフスタイル、不健康な食生活、CVDの発症率上昇につながる高齢化など、いくつかの要因によって市場が大幅に成長すると予想され、体外式ペースメーカーのような効果的な治療オプションに対するより高い需要を生み出している。心血管疾患の世界的負担とリスクに関する2022年版報告書」によると、高所得のアジア太平洋地域は10万人当たり76.6人の死亡を記録し、年齢標準化したCVD総死亡率が最も低かった。一方、中央アジアでは人口10万人当たり516.9人が死亡し、年齢標準化されたCVD総死亡率を記録した。このようなCVD有病率の高さは、同地域における心臓病学的介入手技の増加につながり、結果として市場成長を牽引している。

 

主要企業・市場シェア

 

主要企業は、市場シェアを拡大するために手頃な価格で先進的な製品を導入し、市場支配力を最大化するために買収、合併、製品承認、提携などの戦略的イニシアチブを実施している。例えば、2022年1月、メドトロニックは薬事承認を取得し、日本のMicra AV経カテーテルペーシングシステムを発売した。これは、単室ペーシングを必要とする患者向けに日本で承認された最初のバージョンである。世界の体外式ペースメーカー市場における著名なプレーヤーには、以下のようなものがある:

ボストン・サイエンティフィック社

メドトロニック

パセトロニクス

OSYPKAメディカル

OSCOR Inc.

フルーク

アボット

エイブリー・バイオメディカル・デバイス

BIOTRONIK

麗普医療科技(北京)有限公司

本レポートでは、2018年から2030年までの収益成長を予測し、各サブセグメントにおける最新動向の分析を提供しています。この調査レポートは、世界の体外式ペースメーカー市場を製品、用途、最終用途、地域別に分類しています:

製品展望(売上高、百万米ドル、2018年~2030年)

シングルチャンバー

デュアルチャンバー

用途の展望(収益、百万米ドル、2018年~2030年)

徐脈

急性心筋梗塞

最終用途の展望(売上高、百万米ドル、2018年~2030年)

病院

外来手術センター

その他

地域別展望(売上高、百万米ドル、2018年~2030年)

北米

米国

カナダ

欧州

英国

ドイツ

フランス

イタリア

スペイン

デンマーク

スウェーデン

ノルウェー

アジア太平洋

日本

中国

インド

韓国

オーストラリア

タイ

ラテンアメリカ

ブラジル

メキシコ

アルゼンチン

中東・アフリカ

南アフリカ

サウジアラビア

アラブ首長国連邦

クウェート

 

 

【目次】

 

第1章. 方法論とスコープ 1.1. 市場セグメンテーションとスコープ 1.2. 市場の定義 1.3. 情報調達 1.3.1. 購入データベース 1.3.2. GVRの内部データベース 1.3.3. 二次情報源と第三者の視点 1.3.4. 一次調査 1.3.5. 一次調査の詳細 1.4. 情報分析 1.4.1. データ分析モデル 1.5. 市場形成とデータの可視化 1.5.1. 商品フロー分析 1.5.1.1. アプローチ1:商品フローアプローチ 1.6. データの検証と公表 1.7. 世界市場 CAGR計算 1.8. 二次情報源のリスト 1.9. 一次情報源のリスト 第2章. エグゼクティブ・サマリー 2.1. 市場スナップショット 2.2. セグメント別スナップショット 2.3. 競合環境スナップショット 第3章. 市場変数、トレンド、スコープ 3.1. 市場系統の展望 3.1.1. 親市場の展望 3.1.2. 関連/補助市場の展望 3.2. 市場動向と展望 3.3. 市場ダイナミクス 3.4. 市場阻害要因分析 3.5. 事業環境分析 3.5.1. SWOT分析;要因別(政治・法律、経済、技術) 3.5.2. ポーターのファイブフォース分析 3.6. COVID-19インパクト分析 第4章. 製品事業分析 4.1. 体外式ペースメーカー市場、製品別 主な要点 4.2. 体外式ペースメーカー市場: 製品の動きと市場シェア分析、2022年および2030年 4.3. シングルチャンバー 4.3.1. シングルチャンバーの世界市場の推定と予測、2018年〜2030年 (百万米ドル) 4.4. デュアルチャンバー 4.4.1. デュアルチャンバー型体外式ペースメーカーの世界市場の推定と予測、2018年~2030年(USD Million) 第5章 アプリケーションビジネス分析 アプリケーションビジネス分析 5.1. 体外式ペースメーカー市場、アプリケーション別 主要なポイント 5.2. 体外式ペースメーカー市場: アプリケーションの動きと市場シェア分析、2022年と2030年 5.3. 徐脈 5.3.1. 徐脈の世界市場の推定と予測、2018年〜2030年 (百万米ドル) 5.4. 急性心筋梗塞 5.4.1. 急性心筋梗塞の世界市場の推定と予測、2018年~2030年(百万米ドル) 第6章 エンドユースビジネス分析 6.1. 体外式ペースメーカー市場、エンドユース別 主な要点 6.2. 体外式ペースメーカー市場: エンドユースの動きと市場シェア分析、2022年と2030年 6.3. 病院 6.3.1. 世界の病院市場の推定と予測、2018年~2030年 (百万米ドル) 6.4. 外来手術センター 6.4.1. 外来手術センターの世界市場推定と予測、2018年~2030年(USD Million) 6.5. その他 6.5.1. その他の世界市場の推定と予測、2018年~2030年(USD Million) 第7章 地域別ビジネス分析 地域別ビジネス分析 7.1. 地域別市場スナップショット 7.2. 国別市場シェア分析、2022年 7.2.1. 北米 7.2.2. 欧州 7.2.3. アジア太平洋 7.2.4. ラテンアメリカ 7.2.5. MEA 7.3. 北米 7.3.1. 北米の体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.3.2. 米国 7.3.2.1. 米国の体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.3.3. カナダ 7.3.3.1. カナダの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.4. ヨーロッパ 7.4.1. 欧州の体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.4.2. ドイツ 7.4.2.1. ドイツの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.4.3. イギリス 7.4.3.1. イギリスの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.4.4. フランス 7.4.4.1. フランスの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.4.5. イタリア 7.4.5.1. イタリアの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.4.6. スペイン 7.4.6.1. スペインの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.4.7. デンマーク 7.4.7.1. デンマークの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.4.8. スウェーデン 7.4.8.1. スウェーデンの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.4.9. ノルウェー 7.4.9.1. ノルウェーの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.5. アジア太平洋 7.5.1. アジア太平洋地域の体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.5.2. 日本 7.5.2.1. 日本の体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.5.3. 中国 7.5.3.1. 中国の体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.5.4. インド 7.5.4.1. インドの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.5.5. 韓国 7.5.5.1. 韓国の体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.5.6. オーストラリア 7.5.6.1. オーストラリアの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.5.7. タイ 7.5.7.1. タイの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.6. ラテンアメリカ 7.6.1. 中南米の体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.6.2. ブラジル 7.6.2.1. ブラジルの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.6.3. メキシコ 7.6.3.1. メキシコの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.6.4. アルゼンチン 7.6.4.1. アルゼンチンの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.7. 中東・アフリカ 7.7.1. MEAの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.7.2. 南アフリカ 7.7.2.1. 南アフリカの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.7.3. サウジアラビア 7.7.3.1. サウジアラビアの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.7.4. アラブ首長国連邦 7.7.4.1. UAEの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル) 7.7.5. クウェート 7.7.5.1. クウェートの体外式ペースメーカー市場、2018年~2030年 (百万米ドル)

...

 

【本レポートのお問い合わせ先】 https://www.marketreport.jp/contact レポートコード:GVR-4-68040-139-8