市場調査レポート(産業資料)の紹介ブログ

多様な市場調査レポート・産業資料をご紹介致します。

エチレンテトラフルオロエチレンの世界市場は、予測期間中(2024-2031)にCAGR8.88%を記録する見込み

エチレンテトラフルオロエチレンの世界市場は、予測期間中(2024-2031年)に年平均成長率8.88%で成長すると予測されています。

エチレンテトラフルオロエチレン(ETFE)はフッ素系プラスチックの一種で、高い耐食性、高い引張強度、高い熱安定性、比較的低い摩擦係数を持つように設計されている。ETFEは、建築、自動車、航空宇宙、その他摩耗から保護する必要がある様々な産業など、多くの最終用途に使用されている。

太陽光発電業界では、従来のPVパネルからETFE PVパネルへの移行が進み、ETFEにとって有利な市場が形成されつつある。

 

市場動向

 

エチレンテトラフルオロエチレンは、様々なエンドユーザー産業、特に建築材料への浸透が進んでおり、その高性能特性が市場を牽引している。EFTEは、自動車、産業、航空宇宙、輸送、家電産業におけるワイヤー&ケーブルなど、多くの用途で使用されている。

例えば、AGCは2015年4月、厚さ12µm~250µmで、独自の製膜方法で製造された新しいETFEフィルム「Fluon® ETFE FILM」を発売した。この新製品は、優れた耐熱性と耐薬品性が期待され、あらゆる建築プロジェクトに最適です。

ETFEコーティングは、リサイクルが容易であるため、特に半導体に適している。ETFEはガラスと比較して、多くの機能をより高い効率で発揮する。例えば、ガラスの寿命は約10~20年であるのに対し、ETFEの寿命は約30~50年であり、大きな劣化特性はない。

しかし、蛍石や硫酸水素のような原料コストの変動が市場成長の妨げになる可能性がある。ETFは切断が比較的容易で、ガラスほど透明ではないため膜材料としては弱い。

また、ETFはガラスや他のプラスチックなどの他の材料に比べて音の透過率が高く、これが市場の成長を妨げる可能性がある。さらに、EFTEの特性は温度によって変化するため、市場の成長を妨げる可能性がある。

エチレンテトラフルオロエチレン(ETFE)市場のセグメント分析 エチレンテトラフルオロエチレンの世界市場は、タイプ、用途、技術によって区分される。

タイプ別では、エチレンテトラフルオロエチレンの世界市場はペレット/顆粒、粉末に区分される。

用途別では、エチレンテトラフルオロエチレンの世界市場はフィルム・シート、ワイヤー・ケーブル、チューブ、コーティング、その他(メンブレン、フォーム)に区分される。ワイヤー・ケーブルは、その高い機械的強靭性、柔軟性、耐摩耗性により、最大のセグメントとなっている。ETFE絶縁体は、医療・科学機器、モーター、航空機、変圧器、家電製品、プロセス計装、海洋システムなどで一般的に使用されている。

技術別では、世界のエチレンテトラフルオロエチレン市場は押出成形、射出成形、その他(回転成形、静電噴霧/流体浸漬コーティング、ブロー成形)に区分される。

ETFE樹脂は熱安定性が高く融点が低いため、従来の射出成形技術で主に使用されている。

また、紫外線にも強いため、屋外での用途にも適している。エチレンテトラフルオロエチレン樹脂は、粒状または粉末状で入手可能であり、射出成形プロセスによってチューブに成形することができ、自動車産業や医療産業で使用されている。

エチレンテトラフルオロエチレン(ETFE)世界市場の地域別シェア エチレンテトラフルオロエチレンの世界市場は、北米、欧州、アジア太平洋、南米、その他の地域に区分される。

北米は、同地域における引張建築のトレンドの高まりにより、最大の市場となっている。例えば、2018年5月、USバンクスタジアムは、天候の制限なしに外光を許容する透明な屋根を持つ米国初のスポーツ施設となり、3M Dyneon Fluoroplastic ETFEが使用されている。

このETFEフィルムは、太陽光の95%を透過させるが、その重量はガラスの重要性のわずか5%であり、様々なイベントでの年間を通した使用を可能にしている。

さらに、米国やカナダなどの国々における自動車、航空宇宙、化学産業の成長が、この地域におけるエチレンテトラフルオロエチレン(ETFE)市場の成長を牽引すると予想される。アジア太平洋地域の発展途上国では工業化が急速に進んでおり、建設業界におけるETFEの用途が拡大しているため、アジア太平洋地域が最も急成長する市場になると予想される。

さらに、安価な労働力が存在することに加え、税制優遇措置や奨励金などの奨励的な政府規制がこの地域の製造装置を増加させている。自動車や建設など様々なエンドユーザー産業での高い採用率は、市場の成長を後押しすると予想される。

世界のエチレンテトラフルオロエチレン市場は、全地域に重要な市場プレーヤーが存在し、競争が激しい。

主要な市場プレーヤーは、音や光の透過を減少させる新技術の開発に非常に注力している。例えば、2017年10月、3Mは、音と光の透過が比較的非常に少ないETFE製の比較的軽量な枕を使用する新しい空気充填フィルムクッションを発売した。これらの新しい空気充填フィルムクッションは、覗き見から人々を保護することで、建物内部からのより良い視界を提供することが期待されている。

 

主なプレーヤー

 

主な市場動向

  • 射出成形は、アジア太平洋の発展途上国における急速な工業化により、主要な技術分野となっている。

  • 北米は最大の地域セグメントであり、これは米国やカナダなどの国々で引張建築のトレンドが高まっていることや、自動車、航空宇宙、化学産業が増加し続けていることに起因している。

  • アジア太平洋地域は、インフラストラクチャーの急速な成長、自動車生産の増加、安価な労働力の利用可能性により、最も急成長している地域セグメントである。

 

 

【目次】

 

調査方法と調査範囲

調査方法 調査目的と調査範囲 市場の定義と概要

エグゼクティブサマリー

技術別市場 アプリケーション別市場 タイプ別市場 エンドユーザー別市場 地域別スニペット市場 ダイナミクス

市場への影響要因 促進要因 航空宇宙産業からのETFCケーブル需要の増加 様々な最終用途産業からの需要増加 阻害要因 厳しいEPA規制と環境問題の高まり 機会 影響分析 産業分析

ポーターのファイブフォース分析 規制分析 サプライチェーン分析 価格分析 技術別

はじめに 市場規模分析、前年比成長率分析(%)、技術別 市場魅力度指数、技術別 インジェクション*市場 イントロダクション 市場規模分析、百万米ドル、2016-2025年および前年比成長率分析(%)、2019-2029年 押出成形 その他(回転成形、ブロー成形、静電スプレー成形)

...

 

【お問い合わせ・ご購入サイト】 https://www.globalresearch.jp/contact 資料コード: CH484-datam